ピアノ講師ぴちち先生の五感

「発表会の服は?曲は?」「ピアノって認知症予防になるって本当?」「指使いって大事なの?」等、普段よく質問される事柄についてピアノ講師歴約20年の経験から綴っていきます。日々のレッスンで感じた事等も交えて。

ピアノはお金がかかる?

「ピアノってお金かかりますよね?」

 

ピアノを習わせようとしていても、結局ほんとはどれくらいの金額が必要になるのかドキドキしちゃいますよね。はっきり言ってかかります。金額はその教室によって全然違うのではっきりとした数字は出せませんが、何にかかるか大まかにイメージできていれば怯えずにすむのではないかと思います。最初にお伝えしておきますが、あくまでも街のピアノ教室レベルです。某有名大学の有名教授とか、海外のコンクール入賞者多数!みたいな先生のお話ではありません。

 

それからこれだけはどこの教室でも共通していると思うのですが、上達度が早い子ほどかかります。その理由も説明します。

 

必ず必要なもの

  • 月謝
  • 楽器代(電子ピアノなら5〜10万、ピアノなら50〜80万)
  • 教材費
  • 発表会の参加費(+衣装代)

教室によってかかるかもしれないもの

  • 入会金
  • 冷・暖房費
  • 先生によっては先生の演奏会のチケット代

 

ざっとこんな感じです。月謝は私の聞いた事のある最低金額は5,000円です。初心者で週1の30分程度のレッスンなら大体5,000〜8,000円が一般的な金額だと言えます。ただ5,000円はかなり安いです。私は一例しかきいたことありません。2,000〜3,000円で習えるものとは思わないで下さい。これは1レッスンの金額です。

発表会の参加費は7,000〜20,000円が私が聞いたことのある金額です。ちなみにうちの場合は10,000円です。

 

◯上達度が高い子がお金がかかる理由

まず一つに進度が早いので、教材費がかかります。教材費とは楽譜、ドリルのことです。進度があがって、レベルも高くなるとレベルに応じて月謝が上がる教室の場合は当然月謝の値上がりも早いです。そして上達するとコンクール出場を勧められる事もあります。コンクールはある一定のレベル(課題曲をこなせるレベル)まで到達してないと受けても意味がないというか受けられません。コンクールへの参加費、特別レッスンの謝礼(他の先生にも見て頂く)等、出費は多くなります。

 

そしてコンクールで腕を磨いていくと、手持ちの楽器じゃ役不足・・・となり、最終的にはグランドピアノ購入までいくこともあります。グランドピアノですと最低でも200万前後になります。

 

・・・恐ろしいですよね。

 

でもこれは少数ですので、あまり気にしないで下さい。我が子がめちゃめちゃ上手になってコンクールに出れば金賞とっちゃって、次は全国大会!とかになってきたら心配して下さい。

 


ピアノランキング