ピアノ講師ぴちち先生の五感

「発表会の服は?曲は?」「ピアノって認知症予防になるって本当?」「指使いって大事なの?」等、普段よく質問される事柄についてピアノ講師歴約20年の経験から綴っていきます。日々のレッスンで感じた事等も交えて。

ピアノと認知症予防⑤

 

ピアノと認知症予防① - ピアノ講師ぴちち先生の五感

ピアノと認知症予防② - ピアノ講師ぴちち先生の五感

ピアノと認知症予防③ - ピアノ講師ぴちち先生の五感

ピアノと認知症予防④ - ピアノ講師ぴちち先生の五感

 

以上↑の①〜④までが母に行っているレッスンの主な内容です。

たまに初見演奏もいれたり、伴奏づけ等もランダムでちょこちょこと入れています。

 

こういう地道な脳の訓練は、薬とは違い即効性もないですし、本当に脳によいのか証拠もありません。

 

ただ、市で行っている高齢者の為の「健康体操」というものに週に1度母は通っているのですが、

「周りの人と自分の差が開いてきた」

と感じているようです。

やっている内容としては、右手と左手の動きをバラバラにしたものや、歩きながら他の動作も取り入れる等のようです。

「もうね、ピアノよりずっと楽。

やっぱりねー、お母さんピアノで鍛えてるから効果でてるんだわ」

だそうです。

 

私が教えていて一番驚いたのは、ある日突然すごく集中力があって聴音がすらすらできる日があったので

「今日どうしたの?いきなりわかるようになった?」

と聞くと

「今日はねー、病院で処方してもらった女性ホルモン(こういう説明)が効いてるんだと思う。なんか今日は音がわかる」

f:id:pichichi-2525piano:20170609220826p:plain

 

正直怖かったです。

やはり薬というのはすごい効き目なんだなと。

こんなにダイレクトに脳に影響与えるんだなと。

これは母も同感だったようで、日常生活においては「いつもより体が楽で気分もよい」程度しか感じないそうですが、こうやって聴音のように難しい事を行った時に「いつもとかなり違う感覚」になった事に多少恐ろしさを感じたようでした。

と、同時に聴音でこういうのが露見するのか・・とも思ったものでした。

 

◉最高齢者91歳のおばあちゃん

今まで私が教えた中で、一番の人生の先輩は89歳の方でした。

この方が2年間通ってくれて91歳まで続きました。

89歳でうちにきて、ピアノは

生まれて初めて✨

なんですね。

大抵はこの位の年齢の方がピアノの習いにくる時は、小さい頃少しピアノをやったことがあるとか、大正琴をやっていたとか、コーラスをやっていた、等、少しの音楽経験があって来られることが多いのですが、このおばあちゃんは本当に生まれてはじめて✨

経験がないから悪いと言っているのではなく、この年代の方は特に「先生に申し訳ない」と躊躇される方がとても多いので、勇気を出してうちに来て下さった事がとても素晴らしいと思いました。

ご本人によると、

「もう好きな事するって決めたの。80過ぎてから益々そう思うようになって、85歳に初めて海外旅行行ってから毎年行ってる」

いやもう素晴らしい。

結局レッスンの半分はおしゃべりで、ピアノはド〜ソを右手で少し弾けるようになっただけでしたが、ご本人は満足のようでした。指や手がそんなに動くわけではないので無理は禁物でした。

レッスンの後毎回、

「なんかね、今まで一度も使ったことがない脳の所が使われているのわかるの」

と言っていました。

 

90歳がそう言うんだから間違いない

90年間生きてて初めてそう思うくらいの感覚なんだからきっと脳にいいんだ!

と勝手に確信しました。

 

実はこの台詞、示し合わせたように大人の生徒さんは皆さんそう言います。

母のレッスンがんばろ。


ピアノランキング